...ing logging 4.0

はてなブログに移行しました。D言語の話とかいろいろ。

容量が大きい順にフォルダを列挙

PowerShell で which、PowerShell で du …

職場のファイルサーバが一杯になって大規模に整理,削除しなくちゃいけないので,
まずは容量分布を調べたかった。

largefolderlist.csv ファイルが新しく作成されて,そこに書き出されます。

Write-Host $Args[0]

function dusage{
  param([String]$tgtDir = (pwd).Path)

  filter dusage_filter{
    $sum = (dir -literalpath $_.FullName -recurse -force -erroraction silentlycontinue |
      measure-object Length -sum).Sum
    $result = New-Object Object |
      Add-Member NoteProperty Folder $_.FullName -PassThru |
      Add-Member NoteProperty Size $sum -PassThru
    return $result
  }

  dir $tgtDir -force -erroraction silentlycontinue |
    ? {$_.PSIsContainer} | dusage_filter
}

dusage -tgtDir $Args[0] | sort -des size | Export-Csv -Path largefolderlist.csv -Encoding Default -NoTypeInformation

出力サンプル

Folder	Size
C:\Users\haru\Documents\KIT\Laboratory	999720770
C:\Users\haru\Documents\KIT\レポート色々	146172754
C:\Users\haru\Documents\KIT\inshi	1140498

pdftkが便利

まずは,pdftkをインストールして,
rotate_pdf_right.bat

cd /d %~dp0
pdftk %1 cat 1-endright output "%~n1"_new"%~x1"

を作って,pdfファイルをドラッグ・アンド・ドロップすると,全ページが右90度回転された新しいpdfファイルができる。

メトリック値の手動設定

自宅のネットはぷららフレッツ光隼なんだけど,今くらいの回線が混雑する時間帯になると1Mbpsくらいしか速度が出なくて困っていました。
早いときは200Mbpsくらい出るんだけど。
仕方がないので,遅いときはiPhoneテザリングすることにしました。
ソフトバンクのギガモンスター20GBに申し込んだので,しばらくはこれでしのげるはず。


ただ,やっかいなことも。
デスクトップPCにiPhoneをUSB接続してテザリングしているのですが,NIC経由でもネットに繋がっているので,そちらが優先されてしまう。
iPhoneを繋いでいるときはこっち経由でネットに繋がって欲しいわけですが。


メトリック値というものを手動設定してやることで,解決できました。
自動設定だと,インタフェースの規格上の速度に応じて設定されるようで,今回のケースには適さない。
ネットワークアダプタの設定で,2つのネットワークアダプタのメトリック値を手動設定して差を付けることで,iPhoneの方を優先してくれるようになったようです。
これで少なくとも数十Mbpsくらいでは常にネットができるようになりました。

Windows 10

OS: Windows10 Professional
CPU: Core i7 920 BOX (2.67GHz)
メモリ: トランセンド DDR3-1333 2GB 3枚組
グラフィックボード: GeForce 9600 GT 512MB
HDD: SATA 6Gb/s 2TB WDC WD20EFRX
HDD: SATA 6Gb/s 3TB WDC WD30EZRX(2TBまで認識。旧OSをしばらく接続)
HDD: SATA/300 500GB ST3500320AS
マザーボード: Gigabyte EX58-UD4
ディスプレイ: BenQ G2400WD (1920x1200 32bit 60Hz)
ディスプレイ: MITSUBISHI RDT1710V (1280x1024 32bit 60Hz)

スプラトゥーン

ようやくSになりました。